喫煙者による、煙草へのダメ出し

私は喫煙者です。煙草を吸いはじめてから10年ほどになります。

吸いはじめたきっかけは些細なことでした。確か、大学時代に入っていたサークルで喫煙率が高く、飲み会の時に一本もらったのが始まりだったと思います。

なんの気なしに吸いはじめ、そのまま大学を卒業。就職した会社もやはり喫煙している人が多くて、やめないままずるずると10年も経ってしまいました。

健康被害があるのは自覚しています。

嫌煙主義の方がいるのもわかっています。

最近は喫煙者に対する締めつけも激しくなってきました。

それでもやめられないのは、すっかり中毒になってしまっているのと──喫煙を賞賛するわけではありませんが、人見知りで口べたの私にとって、コミュニケーションツールのひとつになっているのが大きな理由だと思います。

会社の喫煙所に行くと、他部署などで普段あまり関わりのない人と、思いがけずに知り合いうことができます。

私の吸っている煙草は外国産のちょっと珍しい種類なので、話のとっかかりになることがあります。

飲み会などで、「一本ちょうだい」から始まる会話もあります。

また、仕事で煮詰まった時などに、気分転換のため喫煙所に行き一本吸いながら考えると、あっと閃いて続きがはかどることもあります。

喫茶店などの奥の席でまったり休みたい時などにも、喫煙席は基本的に最奥に備えられているのでリラックスできます。

そんなふうに喫煙がすっかり習慣となっている私ですが、煙草を賞賛するつもりはまったくありません。むしろできればやめたいと思っています。

喫煙は完全なる悪である。

そんな極端な考えを持っているわけではありませんが(それならばとっくにやめているでしょう)、喫煙することによって人に迷惑をかけているなあ、と痛感する時があります。また同様に、喫煙の習慣がなければこんな負担はなかったのに、と思うこともあります。そして、他人が煙草を吸っているのをみて、これだから喫煙者は嫌われるんだ!と憤る場合もあります。

喫煙者が考える、喫煙による迷惑。喫煙をやめるべき理由。

それを幾つか、ご紹介しましょう。

費用対効果の高いSEO対策

プレミア切手をまとめて売るなら

カラコン ランキング 度あり 人気